ポスター印刷ポスター印刷
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
切ってもきれない縁
2008 / 10 / 29 ( Wed )
潮時はすでに過ぎていた。
つじつま合わせすらもはや必要ない。


夜中に携帯が鳴る。兄からだ。
それは翌日に備え早く寝なければと眠り急ぐ晩と決まっている。
だいたいが布団の中で受ける。
たった二人だけなのに今も昔も歩調を合わせられない。
そんなちぐはぐな兄弟なのだ。

同じ親から生まれなければ何の接点もなかったはず。
お互いの人生に存在しなかっただろう。
江原啓之さんふうに言えばこれも必然なのでしょうけど。
とにかく何から何まで違い過ぎてお互い居心地がよくない。
その兄弟にも唯一と言える接点がある。
幼き日の時間を共有し同じものを見つめていたという
揺るぎない事実だ。

それは兄と私だけが理解できる世界。
親も親戚にもわかる人はいない。
歳を重ねた今、痛切に実感されてしまう。
これから先も幾年過ぎても消えることのない同じ思い。
唯一の接点は重みを増す一方。

兄は話したがり屋で自分はただ「うん、うん」と聞くだけ。
1時間も電話すれば話し疲れるのでしょう。
「夜遅くにごめん」と言って兄の方から切るのが常だ。

その人は感情豊かな人できちんと涙を流せる人でもある。
このごろは寂しくて泣けてくるのだと言い
涙をこぼさずにすむようにと涙形のブルーの石を買って
自分の涙の代わりにしているのだそうだ。

自分にしてやれることは話したいだけの話を聞くことのみ。
幼き時を共有した者のせめてもの努め。
兄の寂しさと悲しみがそのまま自分に投影される。
震えるほどの痛みは自分の持つものと同じ。
そのまま朝を迎えるのにさほど苦労しない。

まだ小学生だったころ大喧嘩する私たちに父がぼそりと言った。
「親がいなくなった後は兄弟だけなんだぞ」
長い長い時を経て思い起こされる言葉。

最近、もう潮時、いや潮時は過ぎていたと思うことが増えた。
戻ることなど考えたことのなかったあの故郷。
故郷は遠きにありて想うもの
一生戻らないと決めていた。

あの兄の役に立つだそうか。
いや、戻るなどと言えば張り倒されそうだ。

難しい。

やはりそうはゆくはずない。

仕方ないや。

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

20 : 21 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ここだけの話 | ホーム | 腹痛はこれのせいにした>>
コメント
----

オレンジさん
お久しぶりー。
総統、ひとりっこだから・・
兄弟いるだけうらやましいなぁ・・・
産まれてからずっと同じ家に暮らしているから
故郷って感じのとこもないけど・・

なかなか更新しない(笑)このブログに
書き綴ったんだから、やっぱり兄弟姉妹の
存在ってのは大きいんだろうね。
by: いしまり総統 * 2008/11/01 06:43 * URL [ 編集] | page top↑
--いしまり総統さん--

お久しぶりです!!そうなんだぁ~
健全ですね。
子供のころは家から脱出することばっかり考えてましたよ(笑)
by: OrangeSunrise * 2008/11/01 15:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://orangesunrise.blog60.fc2.com/tb.php/24-b70dfdf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
さくさくエクスチェンジad-site55.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。