ポスター印刷ポスター印刷
スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
なんだかんだ言っても
2008 / 11 / 06 ( Thu )
11月ともなれば、都市部の街路樹の紅葉も見られるものですよね?
ソメイヨシノやケヤキ、ハナミズキなどは
すでにその多くの葉を落としているものも多いですね。

穏やかな風でもハラハラと葉が舞い散り
足元ではカラカラと音を立てています。
爽やかな秋の好天なら特に物悲しさはなく美しいと思えます。

銀杏並木の黄葉はとても見事なものですが
散った後の冬場は少々殺伐とした感じがしてしまいます。
その空間に収まるように何度も手入れして整えてあるからでしょうか?
落葉すると枝のゴツゴツとした樹形があらわになってしまいます。
でもそのせいか春先の芽吹きにホッとして
その輝きについ見入ってしまうのです。
代表的な街路樹のイチョウやケヤキなどは
同程度の樹齢でも広い公園に植栽されたものを見れば
その本来の姿がわかります。
それと比べると道路脇の真冬の街路樹は
ちょっと痛々しく思えることもありますね。

都市部で見られるカエデの代表種トウカエデの紅葉は
同じ並木道でも木によって紅色~黄色まで変化があって
グラデーションも美しく見栄えのするものですね。
ただ樹皮が剥がれたようになる特徴が冬には目立ちます。
大きな特徴が遠目にもよく観察できてよいですけどね。

そういう冬の時期があるからこその
その他の季節の美しさとも言えるのでしょう。

いろんな姿で楽しませてくれる街路樹。
種類もいろいろありますよね?
好きな木ってありますか?

自分の行動範囲でよく見かけるものは
ソメイヨシノ、ハナミズキ、イチョウ、ケヤキ、サルスベリ
トウカエデ、モミジバスズカケノキ(プラタナスの一種)
ナツツバキ、ユリノキといったところです。

ちょっと変わったものだと
セイヨウトチノキ(マロニエ)なんかもありますね。
この木はヨーロッパでは街路樹として普通に植えられているようですが
日本ではそれほど多くないような気がします。
花時期などはよいですが夏場の連日30度超えのころ
葉が傷んでいる姿は少々辛そうに見えてしまいますね。

まぁ、街路樹がすべてきれいに紅葉とか黄葉とかするわけじゃないですけどね。
常緑樹だってありますしね。

今年も先日、11月1日には木枯らし1号が吹きました。
街中の樹木もどんどん葉を落としていきいよいよ冬がやってきます。

明日から寒くなるって予報出てますね?
お鍋の季節到来だそうです。
週末はふうふうしてほかほかになりたいですね。

なんだかんだ言っても
花より団子ならぬ紅葉よりおでんってことですな。
たははっ~。

スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

21 : 24 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<冬の地面に咲くバラの花? | ホーム | ちょっとしたもの>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://orangesunrise.blog60.fc2.com/tb.php/28-063cf6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
さくさくエクスチェンジad-site55.net
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。